BLOG

ブログ
Home / BLOG / 競技ダンスはスポーツ!基本と魅力を徹底解...

競技ダンスはスポーツ!基本と魅力を徹底解説

近年、バラエティー番組などでも競技ダンスと言うフレーズを聞くようになりました。有名人たちが必死にレッスンを重ね大会に出場する様子を見たことがある人も多いでしょう。とはいえ、競技ダンスが一体どんなものなのかイマイチはっきり分からないと思う人も少なくはありません。
また、社交ダンスと同じように見えるけれど、一体何が違うのでしょうか。こちらの記事では、競技ダンスの基本や魅力を徹底的に解説していきます。

本当はアツい!競技ダンスの世界

優雅に見える競技ダンスですが、実は非常に白熱した世界だと言うことをご存知でしょうか。特にトップレベルで活躍する競技ダンスのプロたちは、日頃から体力的にもメンタル的にもしっかりとしたトレーニングを積んでいます。彼らが繰り広げるアツい世界を垣間見ていきましょう。

競技ダンスとは?

競技ダンスとは、単純にダンスを楽しむだけではなく、ダンスの美しさやスキルを競うスポーツとして確立したものです。あくまでも「競技」であるため、大きな大会へ向けて多くのダンサーたちが日夜レッスンに励んでいます。
一見華やかに見える競技ダンスの世界ですが、その裏側は本当に厳しいレッスンの繰り返しです。そして、本番を観戦すると想像を超える素早さや華やかさ、そして美しさに息を呑むでしょう。

社交ダンスと競技ダンスは違うの?

社交ダンスはそもそも、パーティーや舞踏会で楽しむことを目的としています。名称にも「社交」と付いているだけあって、人との関わりを大切にしています。そのため、ダンスのスキルはもちろん、社交界におけるマナーも必須条件となってきます。
それでは、競技ダンスはどうでしょうか。競技ダンスにおいても、社交ダンスと同じくマナーも大切ではあります。しかし、基本的に目的となるのは、他の選手とダンスのスキルや美しさを競うことにあります。
つまり、社交ダンスをスポーツとして扱ったジャンルを競技ダンスと言うわけです。

競技ダンスのカテゴリーについて

実は、競技ダンスの世界は様々なカテゴリーに分類されています。カテゴリーによって出場できる人の条件が異なってくるのです。それでは、競技ダンスにおけるカテゴリーについて特徴をまとめていきましょう。
競技ダンスにあるカテゴリーの基本となるのは次の5つです。
●プロフェッショナル
競技ダンスのプロと認定されている人だけが出場できます。プロフェッショナルというカテゴリーの中でも、レベルによってのクラス分けがあり、5段階に分かれています。クラス内で勝ち上がることでポイントがたまり、ランクアップすることが可能です。また、条件が満たされなければ降格もあり得るのも特徴です。
●アマチュア
プロフェッショナルの競技ダンスと同じく、レベルによってクラスが分かれていますが、参加するのは趣味で社交ダンスをしている人たちです。アマチュア同士のペアでのみ出場することができます。とはいえ、アマチュアの日本一を決める大会もあり、本気度の高い人たちも多く見られます。
●プロアマ
プロフェッショナルとアマチュアのペアで参加できる競技ダンスの大会です。
●全日本学生競技ダンス連盟
通称「学連」と呼ばれている大学生で構成された団体による競技ダンスです。大学ごとにある競技ダンス部においてレッスンを積み、最終目標としてこの大会が開かれます。学連の中にも学年ごとに部門が分かれています。
●サークル協議会
社交ダンスサークルが主催する競技ダンスの大会です。比較的気軽に参加できる大会と言えます。

競技ダンスの審査基準とは

競技ダンスはあくまでもスポーツですから、しっかりとした審査基準が設けられています。基本的に審査の中心となるのは次の3つの項目です。
●ポイズ…ペアが組んだ際のシルエットや床面に対してまっすぐ立てているかどうかなどのスタイルを審査します。
●リズム…曲のリズムにしっかりと乗れているかどうかを審査します。
●ムーブメント…種目の特徴を表現できているかどうかを審査します。

全身で世界観を表現する競技ダンス

競技ダンスは、ダンススポーツとも言われ社交ダンスから発展しています。競技ダンスを行う人たちは、優美さはもちろん日頃から鍛えたハイレベルな技術などを競い合うのです。そのため、ダンスの技を磨くことはもちろん、全身を使って音楽や種目の世界観を表現していきます。
特にトップ選手になるような人たちは、ダンスレッスンと合わせてメンタル的なトレーニングも積み重ねています。それだけ白熱した戦いが競技ダンスの世界では繰り広げられていると言うわけです。

ハマり出したら抜けられない競技ダンスの世界

競技ダンスの世界は、見た目の優雅さに加えて非常にアツい戦いが繰り広げられています。競技ダンスをする人の多くは、日本一を目指して努力を積み重ねているわけです。
とはいえ、何歳からでも始められるのが競技ダンスと言うスポーツのメリットでもあります。そのため、年齢を問わず様々な年代の人が心から楽しめる競技として愛しているスポーツとも言えるのです。
一度でも競技ダンスの魅力を肌で感じたら抜けられないほどの、眩しい世界が展開されるでしょう。